番組放送基準

 

                         丸子テレビ放送株式会社

 

 有線テレビジョン放送の使命は、平和な社会の実現を念願し文化の発展、公共の福祉、産業と経済の繁栄に寄与することである。

 この自覚に基づいて、民主主義の精神に従い世論を尊び、言論及び表現の自由を守り、放送の責任を果たすことにつとめるとともに、広告、宣伝が視聴者に利益をもたらすことによって、社会の信頼にこたえなければならない。

 当有線テレビジョン放送は、番組提供者の理解と協力のもとに、この基準を守るものである。

 

Ⅰ 放送番組一般の基準

1.      人格・人権・名誉

(1)      人権を守り、人格を尊重し

(2)      個人や団体の名誉を傷つけるような取り扱いはしない。

 

2.      国際・人種・民族

(1)      国際関係を害するおそれのある問題は取り扱いに注意する。

(2)      人権・民族に関して取り扱うときは、その感情を尊重しなければならない。

 

3.      政治・経済

(1)      政治上の諸問題は、公正な立場を守り、一党一派にかたよらないように注意する。

(2)      選挙の事前運動の疑いがあるものは取り扱わない。特に公共放送などで利用されないように注意する。

(3)      産業、経済上に混乱をまねくおそれのある問題は慎重に取り扱う。

 

4.      宗 教

(1)      信仰の自由を尊重し、公正に取り扱う。

 

5.      社会生活

(1)      社会的義務にそむく言動に共感をいだかせたり、模倣の意欲を起こさせたりするような取り扱いはしない。

(2)      公共・公益をみだすような問題は否定的に取り扱う。

(3)      暴力行為はどのような場合でも是認しない。

1.      家 庭

(1)      家庭生活を尊重し、これを破壊するような思想は肯定的に取り扱わない。

 

2.      風 俗

(1)      人命を軽視する言動や、自殺行為を賛美しない。

(2)      性に関する問題は、品位を重んじ、露骨な表現を避ける。

(3)      社会秩序、良俗、習慣を乱すような言動は肯定的に取り扱わない。

 

3.      犯 罪

(1)      犯罪行為を肯定したり、犯罪人を魅力的に表現するような取り扱いをしない。

(2)      犯罪の手口や経過は必要以上に描写しない。

 

4.      表 現

(1)      わかりやすくて適正な言葉と文字の普及につとめる。

(2)      不快感をいだかせるような下品、卑猥な表現を避ける。

(3)      人心に不当な動揺や不安を与えるおそれある内容または表現を避ける。

(4)      細かく点滅する映像や急激に変化する映像手法などについては、別紙「アニメーション等の映像手法について」に準拠し、視聴者の身体への影響に充分配慮する。

 

5.      視聴者参加

(1)      視聴者に参加の機会を与えるようにし、参加者は均等に広く一般におよぶようにつとめる。

(2)      報酬または賞品によって過度に射幸心を刺激することのないように注意する。

(3)      企画、演出、司会などで参加者、視聴者に対して礼を失したり、不快な感じを与えないように注意する。

(4)      児童の参加は、児童としてふさわしくないことはさせないようにする。

 

6.      訂 正

(1)      放送が事実と相違していることが明らかになったときは、すみやかに取り消し、または訂正する。

 

Ⅱ 各放送番組の基準

1.      報道番組

(1) 報道番組は、時事を速報し、説明し、または時事に関する意見を伝えること

 を直接の目的とする。

(2)      取材、編集は公正をまもる。内容は事実に基づき客観的で正確でなければならない。

(1)      取材、編集に当たっては、特に個人の自由をおかしたり、名誉を傷つけないように注意する。

(2)      ニュースの中で意見を取り扱うときは、事実と意見を厳密に区別し、また、その出所を明らかにする。

(3)      ニュース、ニュース解説及び実況中継などは、不当な目的や宣伝に利用されないように注意する。

(4)      ニュースの誤報はすみやかに取り消し、または訂正する。

 

1.      教育番組

(1)   教育番組は、学校向け、社会向けを問わず、視聴者が社会人として完成するのに役立つ知識と資材の系統的な供給を目的として編成する。

 

2.      教養番組

(1)   教養番組は、視聴者が生活の知識を深め円満な常識と豊かな情操を養うのに役立つことを直接の目的として編成する。

 

3.      娯楽番組

(1)   娯楽番組は、大衆の社会生活に調和する慰安を提供し、生活内容を豊かにすることを目的として編成する。

 

4.      児童向け番組

(1) 児童向け番組は、児童に与える影響を考慮して健全な常識と豊かな情操を養うことを目的として編成する。

 

5.      広告放送

(1)   広告放送は、コマーシャルまたは放送局の告知によって広告放送であるこ

とを明らかにする。

(2)   コマーシャルの内容は、広告主の名称、商品、商品名、商標、標語、企業

     (サービス、販売網、施設など)とする。

(3)   コマーシャルは真実を伝え、社会的責任を負う。また、視聴者の利益に反す

  るものであってはならない。

(4)   コマーシャルは関係法令等に反するものであってはならない。

(5)   コマーシャルは社会生活や良い習慣を害するものであってはならない。

(6)   コマーシャルは番組、他の広告主のコマーシャルとの配列及び放送時刻との

   調和を考慮する。

別紙

アニメーション等の映像手法について

2015年3月4日 作成

丸子テレビ放送株式会社

 

  テレビは本来、明滅しているメディアであるため、アニメーション番組等細かく

点滅する映像や急激に変化する映像手法に関しては、視聴者、特に子どもたちへ

の影響を完全に取り除くことはできないものの、いくつかの点に留意することに

より危険をかなりの程度回避できることを確認し、次の点について細心の注意を

払う必要があることを喚起する。

 

    1. 映像や光の点滅、特に「鮮やかな赤」の点滅

    2. コントラストの強い画面の反転や急激な場面転換

    3. 規則的なパターン模様の使用

 

  丸子テレビ放送株式会社は、こうした認識に立ちガイドラインを定め運用して

いくこととした。

<アニメーション等の映像手法に関するガイドライン>

 

  1. 映像や光の点滅は、原則として1秒間に3回を超える使用を避けると共に

    次の点に留意する。

      (1) 「鮮やかな赤色」の点滅は特に慎重に扱う。

      (2) 避けるべき点滅映像を判断するに当たっては、点滅が同時に起こる

面積が画面の1/4を超え、かつ、輝度変化が10パーセント以上の

場合を基準とする。

     (3) 前項(1)の条件を満たした上で、(2)に示した基準を超える場合には、

点滅は1秒間に5回を限度とし、かつ、輝度変化が20パーセント

以下に抑える。加えて、連続して2秒を超える使用は行なわない。

 

  2. コントラストの強い画面の反転や、画面の輝度変化が20パーセントを超え

    る急激な場面転換は、原則として1秒間に3回を超えて使用しない。

 

  3. 規則的なパターン模様(縞模様、渦巻き模様、同心円模様など)が、画面の大

部分を占めることも避ける

 

上記ガイドラインの運用に当っては、特に光感受性のリスクが大きいとされる

 幼児・児童・青少年の視聴実態等への配慮が必要である。

  また、連続する大量のカメラフラッシュや雷光、火災、火山噴火などの映像が

健康に影響を及ぼす恐れがあることについて、制作者側の意識を高めることに努

める必要がある。

 映像が視聴者に及ぼす影響をできるだけ少なくするためには、テレビの視聴方

法も重要な役割を果たしていることが指摘されており、明るい部屋で受像機から

離れて見るなど“テレビの見方”に関する適切な情報を視聴者に提供することは

予防手段として有効である。

以上