番組審議会 議事録

■ 平成26年年2月26日(水) 丸子テレビ放送番組審議会が開催されました。

1. 開催日時:平成26年2月26日(水)午前10時~12時
 
2. 開催場所:丸子テレビ放送 会議室
 
3.  放送番組審議会委員(敬称略)
   委員長 小山一正 委員長代行 倉島陽一
    委員 大井悦子 中嶋三津子 宮下 忠
        
4. 小山一正委員長より、今年度の実績報告、来年度の番組編成等
  ご審議よろしくお願いしますとあいさつ
 
5. 報告
 
(1)丸子テレビ放送業務の現状について
    池田宏社長より、加入者の現状(TV・インターネット)
   来年度実施の消費税アップと東京キー局終了における課題。
   自主放送の一層の充実を踏まえての番組構成が必須、東京キー局に
   変わるチャンネル構成が課題と報告がありました。
 
(2)前回審議会のご意見に対しての取り組み
   前回審議会で出されたご意見・ご要望に対しての、丸子テレビ放送
   の取組等について報告と説明が放送部よりありました。
 
(3)自主放送の現状
・HD中継機器による成人式生中継
    ・上田市、丸子テレビ、上田ケーブルビジョン災害協定締結
    ・臨時災害FM局について・県内CATV局NW中継設備について
    ・アーカイブ作業と権利処理についてなど報告。
 
6. 議事
  (1)平成26年度番組編成方針の件
      放送部から番組編成の説明が行われました。
     ・ケーブルテレビだからできる身近な情報をきめ細かく
      放送し、加入していて良かったと感じていただける番組制作に
      取り組む。
     ・幅広い年齢層を踏まえた新番組制作に取り組む
     ・常に視聴者のためのテレビ局として、取材・収録にあたる。
     ・ニュース放送回数増(午前11時45分~をプラス)
     ・イベント先取り情報を取材
     ・健康に関する番組制作(地元のドクター出演)など
       ※番組編成方針について委員からのご意見はありませんでした。
 
   (2)委員からのご意見・ご要望
   ・番組製作等が年々進化していて見ごたえがある
   ・2月の想定外の大雪時には、きめ細かい取材と
    情報提供、リアルタイムな文字放送が伝えられていた。
   ・ライブカメラの数を増やしてほしい
   ・視聴者が情報を選択して視聴できたら、もっと身近な
     テレビ局となるのでは・・工夫してほしい。
   ・丸子と武石の身近な情報発進
   ・高齢者や弱者に頼られるテレビ局に更に発展してほしい
            などが寄せられました。
 
 

■ 2013年3月7日(木) 丸子テレビ放送番組審議会が開催されました。

日  時:平成23年3月7日(木) 午前10時~

  1. 場  所:丸子テレビ放送株式会社 会議室
  2. 出席者:小山一正 倉島陽一 宮下 忠 大井悦子 中嶋三津子 (敬称略)

 

  1. 報  告:
    1. 前回の審議会の意見対しての取り組み

前回の審議会で出された意見・要望に対しての丸子テレビ放送の取組等について事務局側から報告がありました。

  1. 丸子テレビ放送業務の現況について

池田社長から丸子テレビの加入者状況の報告がありました。

 

  1. 議  事:
    1. 自主放送の現況について

放送システムのHD化の件で、中継系のHDに取り組んでいる(今年の丸子の成人式はHDで中継を行った)報告がありました。

音声の平準化(ラウドネス)システムの導入により他のチャンネルとの音声のばらつきがなくなり安定した視聴が可能になった事等の説明報告がありました。

事務局から平成24年度番組編成(現行)の実施状況説明が行われました。

 

  1. 平成25年度自主放送番組編成方針の件

現行の編成を基に平成25年度番組編成方針案が示されました。

大きな変更点はなくニュースの時間帯の増設予定の説明がありました。

示された番組放送編成方針に対しご意見等はありませんでした。

 

  1. 懇  談:

懇談では現在の15分制作番組(数本)を鑑賞し、以下のようなご意見をいただきました。

 

以上の頂いたご意見を検討し業務に反映していきますと事務局からありました。

 

 

 

 

LcwbHjqWLcwbHjqWLcwbHjqWLcwbHjqWLcwbHjqW